神奈川県SDGsパートナー登録式に参加

シードハウスが神奈川県のSDGsパートナーに認定されました。

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

神奈川県は「SDGs未来都市・自治体SDGsモデル事業」に選ばれており、今回のパートナー認定では、SDGsの推進に資する事業を展開している企業等の取組事例を県が募集・登録・発信するとともに、県と企業等が連携してSDGsの普及啓発活動に取り組むというもの。

今回は88社がパートナーとして認定されました。

登録式では認定書をいただきました

シードハウスのSDGsの取り組みはこちらにまとめてあります。

シードハウスでは、通常の授業でもSDGsについて学ぶ機会を設けており、保護者よりも詳しい小学生も沢山います。

パートナーとして認定されたことをきっかけにもっと、子どもたちにSDGsを学ぶ機会、そして自分ならどう行動できるかを考えていきたいと思います。

小学4年生〜社会人までのプロジェクト型学習塾*シードハウス*
体験会受付中
http://seedhouse.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA